僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

第59話 初心。忘れてた。

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

 

妻の突然の老舗ビルダーとの契約を「やめる!」発言に、戸惑いと安堵を同時に感じ少し複雑な僕。

 

 

(ちなにに老舗ビルダーにはローンを取り下げられないように保留という体裁をとった。まぁ、事実上のお断りなんですけどね)

 

 

 

でも、妻が僕が幸せになれない家はいらないという気持ちが凄く嬉しかった…

 

 

 

おそらく、僕がここまでの失敗を重ねなければ、この気持ちを知る事はなかったと思う。

 

 

 

正に…

 

 

f:id:burning0069:20170211165548p:plain

 

 

 

そもそも、住まい作りを始めようと思ったのは、夢のマイホームで妻と楽しい時間を過ごす為に始めたはずなのに…

 

 

 

いつの間にか、そんな事そっちのけで家を予算内に建てるってことに目的が変わってしまっていた…

 

 

 

あくまで家は手段であり、目的はそこで楽しい時間を過ごす事なのに。

 

 

 

完全に手段の目的化である。

 

 

 

でもね、皆さん、これって住まい作りをする人が結構な比率で陥ることなんですよ、怖いですねー。

 

 

 

そして、住宅メーカーはその事をわかっていても、誰も突っ込んでくれないんです!

 

 

 

話は変わりますが、妻が契約をしないって決断に踏み切った理由なんですが、先程も書いたように、僕が幸せになれない家はいらないという理由の他に…

 

 

 

前回のブログで書いたように、何回もプランを作っていくうちに何回も建てた気になって満足したという…

 

 

 

エア建築(パクらせてもらいましたw)が理由なんですが…

 

 

 

これって凄く大事な事だと思うんです。これについては、そのうち別の記事で詳しく書きたいと思います。

 

 

 

…。

 

 

 

…失礼

 

 

 

前置きが長くなってしまいました…

 

 

 

 

それでは本編をどうぞ!!

 

 

 

老舗ビルダーに考えさせて下さいと伝え、事実上住まい作りを中止して平穏な(?)日々を過ごしていた。

 

 

 

それまでの何年間かは毎週打ち合せを行って、中年の住まい作り疲れの症状が出ていたので良いリフレッシュだ…。

 

 

 

そんな折、休日にそれまでの住まい作りに使っていた資料などを片付けてたんです。

 

 

 

これが、もうね、北海道中の住宅メーカーの資料を取り寄せていたんで、とんでもない量なんですよ…

 

 

 

 

 

それ以外に住宅関係の雑誌やら、インテリア雑誌やら…

 

 

 

 

まぁ、結論から言うとほぼすべての資料を捨てたんですけどね。

 

 

 

おいおい?今まではなんだったんだ?

 

 

 

全部お金がかかってるものなんだぞ?

 

 

 

と突っ込まれそうですが、いらないものはいらないんです!!

 

 

 

当時、この頃になると住宅についての考え方っていうか、意識がだいぶ変わってきていて、情報を入れれば入れるほど、迷走するんじゃないかって考えるようになっていたんです。

 

今だから言えますが、一から住まい作りをスタートする為には、住宅業界の常識や既成概念を一旦すべて捨てなければ、絶対満足のいく住まいを手に入れることは出来ないんです。

 

 

 

f:id:burning0069:20170211165723p:plain

 

 

そんなお片づけをしていて、ふと目についた一枚の資料…

 

 

 

 

これは…

 

 

僕が住まい作りを始めるきっかけとなった資料である。

 

 

初めて、請求した住宅メーカーの資料…

 

 

 

 

 

あぁ…これ…懐かしいな…

 

 

 

 

 

マイホームを夢見て、なにもわからない時に直感的にかっこいいなって思って請求した、とある住宅メーカーの資料を震えながら手にする。

 

 

 

と同時にそのときのワクワク感というか、高揚感がフラッシュバックする…

 

 

 

 

 

忘れてた…

 

 

そうだ…この感じだ…

 

 

 

 

 

妻との暮らしをより豊かにする為に夢見たマイホーム。

 

 

 

その住宅メーカーは地場の住宅メーカーで、とてもシンプルでキレイな空間を作る,地元では有名な会社であった。

 

 

 

そう、まるで海外の高級ホテルのような雰囲気で、もちろん見た目もカッコいいのだが、ゆったりと過ごせる空間を提案することに長けていた。

 

 

f:id:burning0069:20170211170215p:plain

※画像はイメージです。

 

 

 

 

一番最初に資料請求をしたときは、なにも分からなかったので

 

 

 

どうせお高いんでしょ?

 

 

 

と思い、すぐに諦めていた…

 

 

 

 

 

 

 

だが、しかし!!

 

 

 

 

 

 

今ならわかる!

 

 

いけるぞ…これ…!

 

 

 

 

ただ、当時の僕は中年の住まい作り疲れの真っ最中…

 

 

 

 

そうなんです…

 

 

 

例えるなら、中学生が初恋でこっぴどくフラて恋愛に対して消極的になってしまうのと、よく似た状態に陥っていたんです…

 

 

 

なんか億劫だなぁ…

 

 

 

でも、この感覚を大切にしたいなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

…そういえば

 

 

 

 

友人のFがこの住宅メーカーで家を建てたって言っていたなぁ…

 

 

 

 

早速、友人Fに連絡を取り、家を見せてもらうことになった…

 

 

 

リハビリがてら、まずはここから始めるか…

 

 

 

つづく… 

 

f:id:burning0069:20170211170402p:plain

 

住まい造りの第一歩は資料請求から!⇓

ハウスメーカー・工務店の資料一括請求

 

いつも読んで頂きまして本当にありがとうございます!更新の励みになります!引き続きポチッと応援を宜しくお願いいたしまするるる!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村