読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅】これから住まい造りをさせる方へ。ちょっと書かせてください。

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回はちょっと衝動的に書きたくなったことがあるので、少し書かせてくださいまし。

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

 

あっ、あと、もう一つブログをやっています。よろしければ是非。最新記事はある夫婦に出会って、怖い思いをした事件について書いています。

 

www.feel-simplelife.com

 

いつも表現とか、なんとか、偉そうなことを言ってますが…

f:id:burning0069:20161226094249p:plain

僕はいつもブログで造り手の表現力がどーの…とかなんとか偉そうな事を言ったり、自分がどう暮らしたいのかが重要とか言ってます。

 

その気持ちは今も変わりません。

 

でもね、決してアリモノや企画住宅を否定しているわけではないんです。

 

何でもかんでも造作すりゃいいってもんでもないし、打ち合わせで住まい手に言われた事をそのまま家に反映させることだって必要なことだし、企画住宅でもニーズを満たす事が出来ればそれはそれで素晴らしいことだと考えます。

 

まぁ、僕はあまりに自分の欲望をそのまま形にすることを造り手に強要して、いびつなプランを造ってしまって迷走しましたが、度が過ぎなければ、そして、目的を達成することが出来るのであれば全然良いのではないかとも思ってます。(まぁ…当たり前ですが…)

 

あと、打ち合わせで雑誌の切り抜きとか写真も持って来いって言われる事がありますが…

f:id:burning0069:20161226105606j:plain

 

僕が最終的に住まい造りをお願いした変態達との打ち合わせでは、一切雑誌の切り抜きや住まいの参考写真を持ち込みませんでした。

 

会話のみで空間を構築していったのです。

 

そして、以前ブログでも書きましたが(確か?)打ち合わせ時に雑誌の切り抜きや、参考写真を用いる事に否定的な考えを持っていました。

 

「そんなん持ってきたもんをそのままやるんだったら、猿でもできるわ!プロならそんなもんに頼らずに汲み取れ!オリジナルで勝負しろ!」って思っていたからです。

 

でも、それって僕はたまたま波長の合う変態達と出会う事が出来て、会話のみで互いの想いや意図を”伝えあう”ということが出来たからであって、すべての人にとってそのやり方が適切かどうかは疑問だよな?って今は思います。

 

明らかに早計だったな…と。合わない人もいるよねって。

 

すべての住まい手が言葉で想いを伝えられるわけでもないし、すべての造り手が言葉の裏側にある想いを汲み取れる訳でもないし、それが絶対の方法でもないのかなって。

 

人によっては何か参考になるものを用いる事で、伝わることもあるのかなって。発見できる事もあるのかなって。満たせるニーズもあるのかなって。

 

なので…

 

言われた事をそのままやる≠プロとして表現(住まい造り)を放棄すること

 

なのかなって今は思います。

 

あくまで僕にとっては会話をすることで空間を構築していく方法論がベストだったという話であって、人それぞれベストな方法は違うという認識を持つ事で、多様性は生まれるのかなって今は考えます。

 

だからこそ、僕は会話から始まる住まい造りもあるんですよー!っていうことを声を大にして言いたい。

f:id:burning0069:20161226100955j:plain

企画住宅も良いし、中古住宅も良いし、マンションも良いし、既製品も良い。打ち合わせに雑誌の切り抜きや参考写真を使う事も良い事だし、なんならデザインをパクったって良い(良くないかw)

 

どれも間違いじゃない。目的が果たせれば、どれも正解なんです。

 

その様々な方法論のなかで、僕は会話から始まる住まい造りに共感し、選択をしたという話であって、僕の方法がすべての人にとってベストではないとも、もう一度はっきりと言っておきたい。

 

その上で…

 

だからこそ…

 

会話から始まる住まい造りも方法論としてありなんですよ!そういう可能性もあるのよ!と言いたい!

 

急にどうした?と思われそうですが、まぁ細かい事は良いじゃないですかwなんか書きたくなったんですよw

 

年末年始を終えて、来春から本格的に住まい造りを始める人も多くなるでしょう。その時に頭でっかちにならずに、色んな可能性を模索して欲しいんですよw

 

最後に

f:id:burning0069:20161226112511g:plain

 

あなたのニーズに合った造り手は必ず存在します。もし壁に打ち当たることがあっても諦めないでください。

 

住まい造りを進めていく中で、人は変わっていきます。僕も住まい造りを始めた当初とは考え方も求めるものも全然変わりました。

 

予算の都合とかで物理的に解決が出来ない問題も出てくるでしょうが、物理的に解決出来なくても、住まい造りという物を理解し、進めていく中で求めるものが変わる事によって受け入れられ、問題が解決される事が多々あります。

 

「そういうのが妥協って言うんだよ!そんなもん詭弁だろ!」って思われる方もいらっしゃると思いますが、本当に変わって来るもんなんですよ。求めるものが。

 

まぁ、そうじゃない人もいるかw僕がそうだったっていうだけかしらw

 

でも、結構あることだと思いますよー。ある日気がつくんですよ。「あー、なんであの時あんなことに拘っていたんだろ?」って。

 

あんなに渇望していたのに、今では何とも思わない…なんてことが。時間が解決することが。

 

なので、前述しましたが壁にぶつかっても、妥協せずに諦めずに住まい造りをやり続けてください。やり続ければ必ず解決の糸口が現れます。

 

どうかその時が来るまで歩き続けてください。

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!次回またお会いしましょう!

 

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村