読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

住まい造りは縁。無理に追うな。の話。

スポンサーリンク

f:id:burning0069:20170426090804j:plain

どうも。

最近何かと立て込んでテンパッてる僕です。

 

もうね〜、マジで最近忙しすぎる!!!

仕事はいつも通り(やること満載)なんですけど、それ以外のことが多すぎますね…

人と会う機会も連打で打ち込まれて、ちょっと疲れ気味。

 

しばらく山にこもりたい気分です…

でもさー、疲れ気味ではあるけど『人の縁』って実に不思議だし良い物だと思うのも事実。

 

ここ最近会っている人たちも、ほんの少しのきっかけでお付き合いすることになって、今では無くてはならない存在になっているんですよ?

 

面白いですね〜

 

で、こういうことって僕は住まい造りにも言えることなんじゃないかな? って思うんですよ。

 

今日はそんなお話を書きたいと思います。

 

縁がないところに良い住まいなし。無理に追うな。

f:id:burning0069:20170426092552j:plain

僕は全く持って上手くいってないのに散々追っかけて失敗しまくりましたね。

 

何かにつけてタイミングが合わないとか、言ってることが噛み合わないとか、客観的にみたら縁がないことは明らかなのに意地になって追っかけてましたね。

 

住まい造りをするときって『どうにかして成功させてやろう!』ってな感じで、肩に力がギンギンに入っちゃって盲目的になることが往々にして起こります。

 

確かに…

 

でもね、そんなに肩に力を入れても実は意味ないんです。

 

僕の経験談でしかないけど、上手くいくときはスルっと何事も上手くいくし、いかないときは何をやってもジタバタするだけで一向に進まない。

 

縁があれば、トントン拍子でうまくいくんです。

 

引き寄せの法則ではないけど、どんな苦境に立たされても最終的に引き戻すんですよ。かなり怪しい話ですがw

 

肩肘張らなくても、楽しくやってるうちに良い住まいが出来ちゃうもんなんです。

 

無理に追ったらマジで消耗しちゃいます。

 

もし今住まい造りをしていて、悩み、苦しみ、消耗しているのであれば一旦住まい造りを休んでも良いんじゃないかしら。

 

休息も大事!

 

一旦止まって、少し休んでリスタートをするも良し。少しだけ力を抜いて薄っすらと続けるも良し。

 

とにかくテンションを下げることが非常に大切だと思います。

 

また、今まで積み上げたものを捨てるのは勇気がいることだけど、時には『縁がなかった』の一言で済ますことも、良い住まい造りのコツじゃないかなって今は思います。

 

 君は『引力』を信じるか?

f:id:burning0069:20170426100643j:plain

今回、なんでこんなブログを書こうかと思ったのかというと、僕自身ちょっとした『縁』がきっかけで住まい造りが始まったってのもあり、そしてDIO様を崇拝していることもあってのことなんですが、実は面白いことがありましてね。

 

えーと、これ⇓⇓⇓

 

これね、僕が住まい造りをお願いした変態たちのブログなんですけどね、この35modelのオーナーさんがさ、僕のブログを読んでだのが縁でia Styleを知って住まい造りをすることになったんですよ。

 

嬉しいですね!こういうのって!

 

で、それだけの『縁』でも凄いんですけどね、もうね…引力すら感じられる事が起こりましてね…

 

掻い摘んでお話すると、35modelのオーナーさんが僕のブログでlia Styleを知って変態たちに会いに行ったとき、たまたまタイミングが悪いことに変態達は留守…

 

と、他人事のように書いてしまいましたが、変態たちを留守にさせてしまった原因は、実を言うと僕にあるんですけどね…ごめんなさい…

 

で、結局面会はなされませんでした。普通に考えたらこの時点で縁がなかったというべきでしょう。

 

しかし、そのあと『引力』が発生します。

 

35modelのオーナーさんはlia Styleとは縁がないと思い、その足で『ある場所』に住まい造りの相談に向かいます。

 

その場所は僕のブログでも度々登場する『家具の匠』のアジトだったんです。こんなことあるんですね。

 

その後、家具の匠と35modelのオーナーさんが話をした結果、35modelのオーナーさんにlia Styleと話をするべきということになり、改めて家具の匠はオーナーさん連れてlia Styleの2人に会いに行くというドラマティックな展開に…!

 

一応言っておきますが、癒着でもなんでもありませんからねwオーナーさんに最適な造り手を公平に判断した結果です

 

そこから住まい造りが始まり現在に至ってるわけですが、僕が言いたいのは縁があれば、最終的に必ずたどり着くということです。

 

無理に追わなくても、いつかはたどり着くんです。今上手くいって無くても、大丈夫です。

 

そんなことを伝えたくて今回の記事を書きました。

 

これから住まい造りをされる方の何かの参考になれば幸いです。

 

ということで、最後まで読んで頂きましてありがとうございます。また次回お会いしましょう。

 

ランキングボタンの不具合でここ最近ポイントが入りませんでしたが、直してみました。引き続き応援ボタンをお願い致します!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村