読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅の物語 黒歴史編】僕の失敗。マイホーム エピソード0 

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は、物語の中では割愛したんですが昔商談した業者について書きたいと思います。

 

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

その青年との出会い

f:id:burning0069:20161116153228j:plain

 

 

実は住まい造りを始めたかなり初期の話なんですけどね、当時何となくオシャレだなーって思って商談を進めてみた地元の住宅メーカーがあったんです。第1話の前の話ですね。

 

その住宅メーカーは地元では凄く有名な会社で、なんか書くのが怖くて今まで書かなかったんですけどね、流石にもう時効だろって思って今回筆を取った次第なんです。

 

あと、実は妻に言ってない事もあったので、書けなかったってものあるんですけどね…。

 

で、話の発端は何となくネットでカタログを取り寄せて、なんとなくモデルハウスに見学に行ったところから始まります。

 

そのモデルハウスは、いかにも「オシャレなものが好きですよー」っていう人に対してピンポイントマーケティングされた典型的な見た目ばかりで内容の薄い家だったんですが、当時の僕はそんな事はわからずにホイホイ見学に行ってしまったんです。

 

モデルハウスに入ると、誰しもが知っているような有名な椅子がこれでもか!というくらいに、これ見よがしに飾ってありましてねぇ…

 

エッグチェア アルネヤコブセン 上質ファブリック仕様  レッド ソファ ソファー sofa

 

 

まぁ、結論から言えばその雰囲気にめっちゃハマっちゃったんですけどね(白目)なんて浅はかな僕なんでしょ…

 

で、そこにいたのがその後商談する事になる営業さんだったんです。歳の頃は20代前半。確か新卒で入社して1年目か2年目の青年。

 

シュッとしたスーツに身を包み、見た目はいかにも意識高い系な若者。でも話すと意外に気さくで話しやすかったな。

 

まぁ、当時の僕は何にもわかってなかった(今でもなにもわかってないけどねw)から、その後言われるがままに何となーく打ち合わせを繰り返していったわけですよ。アホですねー。

 

打ち合わせを重ね、申し込みへ

f:id:burning0069:20161116200912j:plain

 

で、わけもわからずに正体不明の高揚感と雰囲気にやられて、申し込みをする方向にグイグイ持っていかれたんですよ。

 

もうね、彼は必死でしたね。聞けば初めての契約になるかも知れないって言うんですよ。欲しかったんでしょうねー。

 

僕はそんな彼の頑張っている姿に強力に心を打たれましたね。若者が一生懸命に何かを成し遂げようとする姿は本当に美しいんです。

 

で、僕は彼にこう言ったんです。

 

 

「この見積もりから200万値引きしてください。そしたら契約します」

 

って。

 

 

 

いや…違うんですよ?

 

いや…あの…初めての契約をエサにして、足下を見て駆け引きしてるわけじゃないんですよ…?

 

あのー…あれですよ。一生懸命やってくれてるから、こっちのほう(予算)も頑張ってくれるかなーって思ってちょっと言ってみただけですよ!

 

別に悪い事じゃないでしょ?!ってかみんなやってんじゃんそれくらい!(クズ定期)

 

クリスマスフェアーってなんなん?w

f:id:burning0069:20161116203645p:plain

 

 

そしたらね、彼はこう言ったんですよ…

 

彼「…わかりました!ちょ…ちょっと先輩に聞いてきます!」 

 

僕「…!!(先輩?)」

 

妻「…(先輩?)」

 

そう言って、彼は勢いよく席を立ち、奥の小部屋にそそくさと入って行ったんです。打ち合わせ室で二人になった僕と妻は顔を見合わせて

 

僕「なあに?今の?先輩ってなあに?wwそこは上司だろww」

 

妻「いやwwいいんじゃない?w先輩なんじゃないw」

 

で、5分もしないうちに彼が戻って来たんです。

 

めっちゃ笑顔で、手には何やらチラシを持って。まるで、ワンちゃんがお気に入りのおもちゃでも見つけて来たようなテンションでしたね。

 

 

僕「で、どうですか?値引き出来ます?(半笑い)」

 

彼「200万は難しいですが、120万ならなんとかなります!(超笑顔)」

 

 

うぉっ…マジか…!ってか、今までの見積もりは何なんだよwそして彼はそのまま続けた。

 

 

彼「このクリスマスフェアーを利用すれば安くできます!」

 

 

手に持っていたチラシを僕たち夫婦に見せつけて力強く彼は宣言しました。ってか、そんなのあるなら最初から出してこいよ…まぁ良い…今回は許す…

 

そのクリスマスフェアーなるのもは、12月に契約すると値引きが出来るって代物で、割と大手のハウスメーカーなんかでもやっている企画らしい…

 

でもさ、住宅業界でクリスマスフェアーってなんなん?住宅にクリスマス商戦なんて関係なくない?

 

僕も小売業界にかれこれ20年近くいる者ですから、クリスマス商戦がどんなものかはわかりますよ?

 

プレゼントの需要が高まったり、年末年始に向けて食品など様々な物の需要が高まったり、厳寒期に向けてアウターなど防寒着の需要が高まる時期に一気に売り上げを取っちゃいましょうって考えでしょ?

 

あくまで、即時反映される実需用に対しての供給を最大値にしようっていう販促なんじゃないかしらって思うんです。家関係なくね?

 

まぁ、財布のひもが緩んでる12月に便乗して家も売っちゃおうって思惑なんだろうけど。

 

で、僕たちはまんまと120万に釣られて、申し込みをすることになったわけですよ…。

 

つづく…

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!それではまた次回お会いしましょう!

 

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村