読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅 猫のための家づくり】猫の幸せが僕達の幸せ。猫も快適な家を目指しました。

スポンサーリンク

f:id:burning0069:20170303150807p:plain

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は猫も快適な住まいを目指した、僕の体験談を書いています

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

 

あっ、あと、もう一つブログをやっています。よろしければ是非。最新記事は、ジョジョ第5部巡礼イタリア旅行記アマルフィ周遊編書いています。

 

 

はじめに

f:id:burning0069:20170303152121j:plain

以前ブログでも何回か書いているんですが、住まい造りをするにあたって、妻の絶対条件が猫と暮らす事だったんですよ。

 

「猫と共生できる住まい」

 

これが妻のライフスタイルの大きなテーマだったのです。

 

とまぁ、なんでいきなりこんなエントリを書いているかというと、実はこんな記事を見ましてね…

 

 

なんか凄いみたいですよ。この本の売れ行きが。手に入らなくてAmazonではプレミアム価格で販売されているんですって。

 

建築知識2017年1月号

建築知識2017年1月号

 

 

でね、猫との暮しへの関心の高さを感じたわけですよ。

 

であれば僕の家も一応、猫様が快適に過ごせるように設計した「猫家」(ガチ勢にはかなわないけど)

 

これから猫との暮しを考えてる人の少しでも参考になれればと思い、筆を執った次第でして。

 

以前にもブログで猫絡みの記事は書いているんですが、散り散りなので今回はそれをまとめていきたいと思います。

 

キャットウォーク

f:id:burning0069:20170303155815j:plain

 

テレビを見る場所にキャットウォークを造ったんですけどね、これはマジで良かったですね。

 

でね、このキャットウォークは螺旋階段と隣接してるんですけど、キャットウォークと螺旋階段が連動して回遊性があってめっちゃ走り回れます。

 

階段とキャットウォークの連動は手法としては非常に効果的なので、絡められるなら絡めても良いかもです。

 

f:id:burning0069:20170213150532j:plain

f:id:burning0069:20170213145420j:plain

 

ちなみに、階段からのアクセス以外にはこのステップを使います。

 

f:id:burning0069:20170213150211j:plain

 

ステップは壁にしっかりと固定されているので、猫様も安心して飛び乗れます。

 

f:id:burning0069:20170213150334j:plain

 

設計段階から計画すると収めもきれいになるので、猫と暮らす予定がある方はあらかじめ設計さんと打ち合わせしておくと良いでしょう。

 

f:id:burning0069:20170303163339p:plain

 

また、キャットウォークにそって窓が設置されているので、猫様が外を眺めたり、下僕(僕達)の帰りを待ったりしてくれます。

 

f:id:burning0069:20170303163625p:plain

※春にはお花見もします。

 

マジでキャットウォークには窓をつけた方が良いですよ。仕事から帰ってきて窓際で猫様が待っていてくれるのってホント最高です!

 

キュン死しますw

 

ということで、キャットウォークを一旦まとめます。

 

  • キャットウォークは階段と連動させると効果的。
  • ステップは設計段階から計画しておくと収めがきれいに出来る。
  • キャットウォークには窓もつけてやると猫様も下僕(人間)も嬉しい。

 

螺旋階段

f:id:burning0069:20170303164303j:plain

 

螺旋階段は元々猫様の為ではなかったんですが、結果的に猫様にとって非常に快適なものになりましたね。

 

高い位置からぐるりと見渡せるのが良いのか、階段でじゃれている事が多いです。

 

f:id:burning0069:20170303165241j:plain

 

また、階段からキャットウォークとは逆側にある大開口部にも飛び移ったりもしてますね。

 

f:id:burning0069:20170303165505p:plain

 

螺旋階段状のキャットタワーもあるくらいだから、猫様は螺旋階段が好きなんでしょうね。

 

 

f:id:burning0069:20170303180004p:plain

 

まぁ螺旋階段じゃないにしても、オープン階段にしてやると色んな高さから家の中を見る事が出来て快適かと思いますので、是非検討してみてください。

 

 窓台は広く

f:id:burning0069:20170303181310p:plain

 

最後に窓台は猫様が座れる広さを取っておくと良いでしょう。

 

僕の家では、たまたま窓台がこういうデザインだったのですが、結果的に猫様のお気に入りの場所になってます。

 

f:id:burning0069:20170303182127p:plain

 

f:id:burning0069:20170303182018p:plain

あと、窓台じゃないんですけど、ハイサイドライトとキッチンの戸棚の高さを合わせることによって、猫様の快適な昼寝場所となっています。かなりのお気に入りの場所ですね。

 

まぁ、これも要望したわけじゃないんですがw

 

でも、僕の家を設計してくれた変態デザイナーは猫を飼ったことがある人だったので、何となくイメージしてくれていたのかもしれません。

 

今度詳しく聞いてみます。

 

ということで、今回はかなり緩い記事になってしまいましたが、何となくでも参考になれば幸いです。

 

それでは本日も読んで頂きましてありがとうございました!次回またお会いしましょう!

 

お勧め記事です⇓

【注文住宅 準備】資料請求はガンガンしましたね。 - 僕の失敗。マイホーム編。

【注文住宅 設備】元ガス屋が教える、ガス給湯器やガスコンロを無料で手に入れる方法。 - 僕の失敗。マイホーム編。

住まい造りの第一歩は資料請求から!⇓

ハウスメーカー・工務店の資料一括請求

資金計画はこちらから!⇓

【ネット専用住宅ローン】で住宅ローンの返済額を軽減しませんか?

 

ランキングだだ下がりなんです…(白目)応援ボタンをポチッとお願いします!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ