読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅 一戸建て 悲報】あなたの家はオープンハウスとして見せられない。って言われた話。

スポンサーリンク

 

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

  

今回は、以前僕が商談を進めていた老舗ビルダーの営業さんに言われたことについて書きたいと思います。

 

 

 

 

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

  

 

 

 

 

はじめに

f:id:burning0069:20161014091246j:plain

 

この話は僕が長期間打ち合せをし、最終的に大ゲンカ(アホか)して盛大に決裂した老舗ビルダーに打ち合せ中に言われた強烈な一言のお話です。

 

 

まぁ、この営業さんとは最初から上手くいってなくて、様々なことで衝突しまくっていたんですが、今考えりゃ酷いこと言っちゃったし、酷いこと言われたなぁと反省すると共に、ムカついてますw

 

 

原因はお互いの価値観や想いが同じ方向を向いてなかったからに起因するんですけどね。

 

 

客の要望をホイホイと聞いてしまうことの弊害

f:id:burning0069:20161014112100j:plain

 

「リビング20帖ですね!かしこまりました!」「4LDKですね!喜んで!」

 

 

ちょっと大げさに書いてしまいましたが、こんなことが普通の打ち合せでは当り前に行われてると思うんですが、これってなんなん?

 

 

客がなんの根拠もないのに、何となく言っているだけかも知れないし、本当は別の意味合いがあって言ってることかも知れないじゃないですか。

 

 

その言葉の裏にある、どのように使うのかとか、何故それが必要なのかも確かめもせずに「これは客の要望だから」ということで済ませて、さっさとカタチを造ってしまうってヤバくないですか。

 

 

もしかしたら、もっと良い方法があって、別の何かでその要望を満たせるかも知れないのに…

 

 

ほとんどの住まい手は初めて住まいを造る人で、なにもわからないじゃないですか。それを鵜呑みにして間取りを造っちゃうって、非常に危険だと思います。

 

 

だって、素人が良い家のカタチを造るのなんて至難の技だし、本来カタチを考えるのは造り手の役目だし。

 

 

住まい手の暮らしのイメージ⇨造り手が具現化(カタチにする)

 

 

素人が直接住まいのカタチに口を出すと迷走する可能性が大いにありますよ。

 

 

お任せするのは勇気のいることだけど、そもそも任せることが出来ない造り手から住まいを買ってはいけないんじゃないのかなって思うんです。

 

 

と、偉そうに言っている僕は散々ハード(カタチ)に対する要望を出しまくったんですけどねw

 

 

で、それによってなにが起こるのかというと、なんだかしっくりとこない、イビツなカタチの出来上がりです(白目)

 

 

f:id:burning0069:20161014111321p:plain

 

まぁ当り前なんですけどね。素人は空間で考えることが出来ないし、素人に言われた通り造りゃそうなるのも当然といえば当然。

 

 

最終的に言われたのが…

 

で、そんな素人丸出しの家のプランが出来上がってきたんですが、一応僕たちの要望が詰まった夢のマイホームじゃないですか。一応ね。

 

 

そのプランを受けて、まず僕たちが行ったことは、しっくり来てない気持ちを自分自身にウソをついて、無理矢理納得させることをしました。

 

 

何千万もかけて、時間をかけて、自分たちの要望が盛り込まれているので、それを否定することが出来ないんですよ…。自己否定して傷つくのがヤダから。怖いですねーw

 

 

目の前にあるプランは絶対自分たちの欲しいものではないって薄々思っているのに。

 

 

しかも、その僕たちの気持ちに造り手は気付いてるのに、なんにも言わないんですよ…信頼関係も無かったし、さっさとプランを決めさせてローンを実行させたかったっていう思惑があったみたいだから仕方ないんですけどね。

 

 

で、そんな中、オープンハウスとして公開をするのか聞いたら、飛び出してきたのが今日のタイトルにもなっている

 

 

「あなたの家はオープンハウスとして他のお客様には見せられない」

 

 

ですって!全否定www

 

 

理由は自社のイメージする家のテイストと違うからって言ってたけど、要は酷くイビツで格好悪いからでしょう…

 

 

僕だってバカじゃないから、わかるわ!それくらい!

 

 

僕も悪いけど、なんでもかんでも客の言いなりになって造るアンタらもどうなの?!って言いたい。こっちはなんにもわかんないだから、面倒臭がらずにわかるように説明してくれよ!

 

 

何のための住宅のプロなんだよ!てか、アンタ本当に住宅のプロなの?と疑いたくなるような出来事でしたね(白目)

 

 

皆さん…カタチに対する要望を出しすぎるのも、カタチに対する要望を聞きすぎる造り手にも十分気をつけてください…

 

 

良い住まいを造る為には、なんでもかんでも住まい手の要望を鵜呑みにせず、厳しくチェックしてくれるプロの目が必要不可欠なのです。

 

 

時には衝突することがあるかもしれません。でも良いんです。同じ目的、目標に向かった正しい衝突であれば。価値観が同じ方向に向いていれば。

 

 

今日のお話は完全に造り手の目的(売り上げたい)と住まい手の目的(良い住まいを造りたい)そして、価値観の共有がなされなかったことにより起こった、悲しい衝突事故のお話でしたが。

 

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!それでは次回またお会いしましょう!

 

 

 

暴走特急 [DVD]

暴走特急 [DVD]

 

 

次回予告

 

反響の多かった記事からテーマを選んで、なんか書こうと思いますw

 

お勧め記事

 

 

既存の住宅メーカーで住まい造りがうまくいってない人へ朗報です。 - 僕の失敗。

 

【朗報】無印良品のベッドが凄い件。 - 僕の失敗。

 

FP知識について。 - 僕の失敗。

 

 

 

 

 

一日ワンクリックお願いします!

  

いつも読んで頂きまして本当にありがとうございます!更新の励みになります!引き続きポチッと応援を宜しくお願いいたしまするるる!!

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村