読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

注文住宅を作るときには四季を取り入れるように注文すると非常に良い件。

WEB内覧会 独り言
スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回はロケーションと四季を取り入れることについて書きたいと思います。

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

 

あっ、あと、もう一つブログをやっています。よろしければ是非。ジョジョ第5部巡礼のイタリア旅行について書いています。

 

僕の失敗。ライフスタイル編。

 

 ロケーションは最高のインテリア

f:id:burning0069:20161210153911j:plain

日頃から家の中のインテリアをあれやこれやを妄想している僕ですが、気がついたことがあります。

 

それはなんだかんだいっても自然の美しさこそが最高のインテリアだということです。

 

もしかしたら比べるものではないかもしれないけど、少なくとも僕の家はそうなっています。

 

特に四季の美しさは素晴らしいんですよ。外国人が日本の四季は美しいっていうのもわかります。

 

ってか、こんなことを言い出すあたり、歳をとった証拠なのかもw

 

でもね…やっぱ 四季を感じられるロケーションって大事ですよ。その日、その瞬間しかないものを常に感じられるのって凄く贅沢だと思うし。

 

物理的にロケーションを取り入れられないことも多々あると思います。ただ、もしこれから住まいを造られる方で興味がある方は、是非御一考願いたいなーって思います。

 

f:id:burning0069:20161214105458j:plain

僕の家はポプラ並木と銀杏並木が見えるように設計されているのですが(電線がなければ完璧なのに…悔しい…)春先は徐々に芽吹いていく様子がみることができます。

 

北海道の長い冬が終わり、少しずつ訪れてくる春を感じられるのです。

 

光は日に日に柔らかくなってきて、気温も少しずつ上がってくるのも肌で感じられます。

 

窓を開けると冬の刺すような風とは明らかに違う風を感じられます。少し寒いですが、これがまた気持ち良いんですよw

 

f:id:burning0069:20161214110340j:plain

鬱蒼と茂る緑の葉は室内に完膚なきまでに清涼感を与えてくれます。

 

そよ風で木々がざわつく音はマジで癒しですw

 

特に朝は気持ちが良いですね。僕の家は前にも言ったのですがノーテン(ノーカーテン)なので、寝室から出た瞬間にこの風景がみることが出来るんです。

 

もうね、一日の活力になりますよ。

 

そして、この時期になるとテラスで過ごす時間が増えてきますね。椅子を出して木々を眺めながらコーヒーを飲んだり、本(漫画)を読んだり、パソコンをして過ごします。

 

テラスで夏のパキッとした直線的な光を浴びるとね、もう無条件にテンションが上がっちゃいます。

 

f:id:burning0069:20161214111015j:plain

大げさな表現ですが、この一杯のコーヒーを飲むためだけにロケーションを取り入れた住まいを造る価値があると僕は思います。

 

朝の一時のためだけに空間を造るという発想もアリなんじゃないかな。

 

まぁ、なにも朝だけにこだわらずに「ある瞬間のためだけに空間を造る」ということに僕は価値を感じます。

 

f:id:burning0069:20161214111627j:plain

秋はね…眩しいくらいのイチョウのサンライトイエローが室内を照らします。

 

この季節は本当に良いんですよ。日本に住んでいて良かったって心底思います。何となく侘び寂びを感じられるからです。

 

同じ木なのに、紅葉した木を見ると何となくゆったりした時間を過ごせるのはなぜなんでしょう。

 

そして、少し厚着をしてテラスで過ごすのも非常に乙なんです。この時期は夜にテラスに出ることが多いかな。お酒片手に。

 

f:id:burning0069:20161214112652j:plain

実はね…この窓から見る冬景色が一番好きなんですよ。

 

暖かい室内から雪化粧をした木を見てると、まるで時間が止まった感覚に襲われます。

 

その木々を眺めながら食べる朝食の時間はマジで「ゴールデンタイム」です。

 

f:id:burning0069:20161214113120j:plain

まぁ、人それぞれ住まいに求めることは違う訳だし、これがすべてで、これが正解なわけじゃないけど、僕はこんな暮らしに凄く満足しています。

 

冒頭にも書きましたが、物理的にロケーションを取り入れることが困難な条件下で住まいを建てなくてはならない人も多々いると思います。

 

でも、工夫次第でロケーションを造り出したり、自然を感じることが出来るようにしたりすることも可能だと思います。

 

実際こんな風に…

 

f:id:burning0069:20161214114331j:plain

07 MODEL 光柱を囲む住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

中庭を造り木を植えて愛でるようにデザインしたり…

 

 

f:id:burning0069:20161214114713j:plain

03 MODEL スカイコートのある住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

こんな風に木はないけど、日の移り変わりを感じられるように空間を造ったりすることは出来るんです。

 

なにも木だけが自然なわけじゃなく、日の光の美しさにも価値があるわけだし。日の光にも四季があったりするわけだし。

 

様々な形で季節を取り入れることは可能なんじゃないかしらって思います。

 

みなさん…

 

どうでしょう…

 

少しだけでも住まいに四季を取り入れる魅力は伝わったでしょうか…

 

なかなか悪くないでしょwってか良いでしょw

 

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!次回またお会いしましょう!

 

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村