読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

何度も言うが自分の家に後悔はない…でも、嫉妬はある。

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は僕の小物っぷりについて、ちょっと書きてみたいと思います。

 

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

安定の小物っぷり

f:id:burning0069:20161112091143j:plain

いや〜僕ね、皆さんもご存知の通り、住まい造りで散々迷走したわけですよ…

 

で、どうにかこうにかこんな僕と一緒に住まい造りをしてくれる仲間を見つけることが出来て、最終的に自分の理想の住まいを造る事が出来たわけなんですが…

 

すごいんですよ…

 

嫉妬が。

 

僕は迷走して、こじらせて「もう、この世界にある全ての住宅メーカーなり、工務店は僕を相手にしてくれないんじゃないか?」って思ってた時に、僕の想いに共感してくれる変態達に出会ってなんとかギリギリのところ踏ん張れて住まいを造る事が出来ました。

 

僕は今でもその事に感謝してるし、何か恩返しをしたいって気持ちもあるし、ただ単純に頑張ってるヤツを応援したいって気持ちと、住まい造りで苦戦している「僕に似た誰か」の為に、何かしらの一助になれればという想いでオープンハウスを無償で行っています。

 

これは以前の言いましたが、別に僕が家を住まい造りをお願いしたlia Styleを押し付けたり、売り込むためではなく、買う買わない別にして

 

「僕はこうでした」

 

ということをいつもお話させて頂いてて、あくまで見学に来られる方の価値観を尊重し、一つの判断基準になりたいという想いがあります。

 

「これちょっと違うわ!」とか「これ要るか?」とか「これは住めないな!」とか思ってもらいたいんです(でも、口には出さないでね!ヘコむからw)

 

で、中には共感して頂いてlia Styleで住まい造りを始められる方もいらっしゃるんですが…

 

問題はその後なんです。

 

喜ばしいことなんですよ?誰かのお役に立てたんですから?

 

でもね…

 

その後、僕の家を見学して住まい造りを始めた方の完成した住まいを見ると、なーんか…嫉妬するんですよ…っていうか、もっと言ってしまえば…

 

ムカつくんですよ。

 

というのもね、僕が住まい造りをお願いしたlia Styleは常に新しいことに挑戦していて新しい収めや、空間の解釈、そして新しい建材を使って住まい造りをしているんですが、完成した住まいでそういうの見ると…

 

「あっ…何これ?かっけぇ…(戦慄)」や「えっ…こんなの出来るようになったのかよ…?僕の家ではこんなのなかったぞ…(イラッ)」

 

って思っちゃうんですwww(クズ定期)

 

散々「誰かの一助になりたい」とか、「頑張っているヤツを応援したい」とか良いことを言ったくせに、いざその状況になるとムカつくってどんだけ小物なんだよwアホか!

 

いや、いいんですよ?住まい手がカッコいい、自分にとって最高の住まいを手に入れたわけだし、造り手もそんな家を住まい手の為に造る事ができたわけだし。

 

誰も損してないじゃないですか。僕も実際「良かったですね〜」って気持ちの方が大きいんですよ?登場人物全員がWIN-WIN-WINなってるわけだし。

 

でも、なーんかイラっとしちゃうんですよ…w

 

こんな家に嫉妬しました

f:id:burning0069:20161112102610j:plain

18 MODEL 四季彩と暮らす住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

例えばね…この家…

 

こちらの家のオーナーさんも僕の家に見学に来てくださった方なんですけどね、このキッチン見てくださいよ…

 

こんな質感のキッチン「してやったり感」ハンパないじゃないですか。しかも背面の木目のタイルなんなんだよ…かっこ良すぎんだろうよ…

 

f:id:burning0069:20161112103302j:plain

18 MODEL 四季彩と暮らす住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

これ実物見たけど、存在感がハンパなかったですね。そして、このキッチン夜がまた素敵なんですよ…

 

f:id:burning0069:20161112103534j:plain

18 MODEL 四季彩と暮らす住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

超シャレオツじゃん…ちなみにこの照明計画はパナソニックのコンテストで賞を獲ったらしいですよ…そんなの聞いたら余計にイラッとしますねw

 

しかも、このキッチンからテラスに出れるんですけど、それにも純粋に嫉妬しますね。

 

f:id:burning0069:20161112104102j:plain

18 MODEL 四季彩と暮らす住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

うわ…これ…やり過ぎだろ…(戦慄)こんなの快感しかねぇよ…なんでこんなことになってんだろ…

 

極めつけがこれ…

 

f:id:burning0069:20161112104517j:plain

18 MODEL 四季彩と暮らす住まい|lia Style リアスタイル|それは「会話」から始める家づくり。

 

景観をパノラマで取り込むって…もはや言葉もありません…(羨望)

 

でも、住まい造りに対するアプローチやプロセス、目的が違うから「自分の家が一番!」なんです

f:id:burning0069:20161021101829j:plain

正直、これから住まい造りをされる方がうらやましいという思いはあります。

 

車のモデルチェンジと同じで、どんどん新しい事を取り入れて、より進化し、より利便性が高くなっていくわけだから。

 

でも、僕はやはり自分の家が一番だと思ってます。

 

だって、住まい造りの原点がちがうわけだから比べるものではないと思ってるからです。

 

どんなにうらやましく思っても、新しい物に嫉妬しても「自分は何故この家を造ったのか?」という原点がしっかりしてると、そこに帰ることができます。

 

僕はこういう暮らしがしたかったから、この家を造ったんだ!という煮え滾る思い(笑)があるから、そこに帰る事が出来るから、やっぱり自分の家が一番なんです。

 

確かに新しい家は良いですよ。でもしょうがないですよ。物事は進化はしていくものだし。受け入れるしかありません。

 

いつでも同じような物が、同じような価格で手に入れる事が出来るっていう、ワンパターンの美学も確かに存在するし、それを否定するつもりもありません。

 

でも、僕は住まい造りに関しては同じ事を踏襲し、焼き直し焼き直しでやっている人より、造り手も住まい手も新しい事に挑戦していくことに価値を感じるな…(あくまで個人の感想です)

 

ちょっと話が脱線しました。戻します。

 

ハードのスペックはどんどん良いものが出てきます。10年前と今じゃ全然性能は違うでしょう。変わっていく物なんです。比べたらキリがありませんし、ヘコむだけです。

 

結婚生活と同じです。旦那さんも若い時に比べて、腹はでるわ、老けるわ、性能は下がr

 

しかし、住まいに対する想いや、原点、プロセスというソフトは変わる事がありません。

 

変わる事の無い物に、重きを置いて住まい造りをすることで後悔しない住まい造りができるのではないでしょうか。

 

まぁ、嫉妬はするけどねw

 

多分、この家を見ても嫉妬するんだろうな…↓↓↓

f:id:burning0069:20161110213550j:plain

 

良かったら見てみてくださいまし…

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!それではまた次回お会いしましょう!

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村