読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅 予算 家計】前編 通信費を見なおします。年間約16万のコストダウン。

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は今や月々の固定費のシェアを大きく占める通信費のコストダウンについて書きたいと思います。

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

 

あっ、あと、もう一つブログをやっています。よろしければ是非。最新記事は、僕とある野望を叶えた親友の話の第3話を書いています。

 

もう一つお知らせを…

 

僕の記事を広島住宅総合館様のウェブサイトに掲載していただきました。広島で住まい造りをされる方へ情報提供をしているサイトです。是非ご一読くださいませ。

 ⇓⇓⇓⇓⇓⇓

 

 

通信費…痛い…

f:id:burning0069:20170213095436j:plain

生活必需品となったスマホ。暮らしのインフラとなりつつあるインターネット。僕は依存度が非常に高いので、もうナシでは生活が成立しません…

 

そして、月々の固定費で決して小さくない通信費は非常に痛い存在となっています。

 

スマホ一台を大手キャリアで契約すると、機種によりますが大体7000円から9000円ほどのランニングコストがかかります。

 

それにプラスして、一戸建てを持つと自宅でのインターネット回線に6000円ほどのコストがかかります。(光の場合)

 

一般的に夫婦二人でスマホを持って、光回線を引くとそれだけで月々約20000円。年間24万円。

 

10年で240万。30年で720万。

 

まぁ、このランニングコストが30年間同じ値段でかかり続けるということは無いにしても、それなりの大きな金額だと言えるでしょう。

 

僕は2年おきにキャリアを乗り換えて、キャンペーンに乗っかりなるべく安く端末を手に入れたり、光とのまとめ割引を活用したり、常にプランの見直しを断行しておりますが、やはりスマホ2台と光回線で月々15000円は掛かっています。

 

年間で18万です…確かに便利だけどやっぱ高い…痛い出費です。

 

繰り上げ返済計画の原資に。具体的な通信費。

f:id:burning0069:20170213104527j:plain

そんな折、こんなエントリーを読みました。

 

 

いつも参考にさせて頂いている、千日さんの住宅ローンの専門ブログです。このエントリーでは繰り上げ返済について言及しているのですが、とても参考になりました。

 

繰り上げ返済の威力を具体的に説明してくれています。

 

また、ブログ仲間のryoさんには繰り上げ返済のシュミレーションシートを頂き、繰り上げ返済の資金繰りをリアルに考えた結果、まずは固定費の見直しを徹底的に行うことを決めました。

 


その中で、まだ改善の余地があるのが通信費だったのです。

 

普通に暮らしていく分には今の返済計画でなんら問題はないのですが、少しでも繰り上げ返済をしようと思うと、年収を上げたり、家計の見直しをしなければなりません。(今回は年収の話は一旦置いておきます)

 

家計を何でもかんでも切り詰めても豊かな生活は送れないし、バランスを考慮しての判断です。

 

今回僕がヤメるのは大手キャリアでのスマホの契約です。

 

結論から言うと、年間16万8千円のコストダウンが出来ることがわかりました。(1年目)この固定費のコストダウンを繰り上げ返済の原資の一部とするのです。

 

まず現在契約しているD社のショップへ行って見積りをしました。

 

現在使用している大手キャリアD社で今後契約を継続させると、年間で27万6千円のコストが掛かることがわかりました。

 

前章で現在のランニングコストが年間18万と書きましたが…そうです…高くなるのです…

 

これは現在使用している端末は、たまたまやっていたキャンペーンに乗っかり端末を一括無料で手に入れたことに起因します。

 

本来なら端末あてられるはずの月々の割引を基本料金にあてているので、この金額になるのです。

 

その割引は24ヶ月で終わるので、もし契約を継続させるのであれば単純にその割引がなくなるので、スマホ一台につき4000円されている割引額が消滅し、2台で8000円の値上がりとなるのです。

 

まぁ、本来の料金に戻るという表現のほうがわかりやすいでしょうか。D社曰く、僕の今までが安すぎたらしいです。

 

そして、今後このようなキャンペーンは総務省の指導により、規制されていくとのことです(ショップ店員談)

 

しかしながら、15000円+8000円で23000円。年間27万6千円は高すぎです。

 

ということで、今回僕が最終的に契約をすることを決めたのがYモバイルです。

 

当初UQモバイルを検討していたのですが、UQモバイルだと光固定回線とのセット割引きプランがなかったので、ソフトバンク系列のYモバイルにしました。

 

Yモバイルはソフトバンクの「ソフトバンク光」とのセット割引が適用されます。他の事業者でも光とのコラボ割引をしていますが、総合的なバランスを鑑みてYモバイルとしました。

 

Yモバイルで料金を見積もった結果、現在のD社と同等のプランで月々約9000円ほど。

 

年間10万8千円(1年目)

 

という見積もりが出ました。2年目には少し料金が上がってしまいますが、それでも大手キャリアとは比べ物にならないコストダウンが図れます。

 

長くなってしまったので、詳細とメリット・デメリットについては次回以降に分けて書きたいと思います。

 

ということで、本日も最後まで読んで頂きまして本当にありがとうございます!次回またお会いしましょう!

 

お勧め記事です⇓

【注文住宅 準備】資料請求はガンガンしましたね。 - 僕の失敗。マイホーム編。

住まい造りの第一歩は資料請求から!⇓

ハウスメーカー・工務店の資料一括請求

 

ランキングだだ下がりなんです…(白目)応援ボタンをポチッとお願いします!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ