読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【注文住宅】WEB(ウェブ)内覧会 入居前未公開写真を公開。

WEB内覧会
スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は写真を整理していたら、公開してなかった入居前の画像が出てきたので少しご紹介したいと思います。

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

 

あっ、あと、もう一つブログをやっています。よろしければ是非。最新記事は僕の愛用品についてまた書いています。

 

www.feel-simplelife.com

 

ダイニング夕景

f:id:burning0069:20161224091344j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

ノーテン(ノーカーテン)だから感じられる日々の時間の移ろい。僕はこの時間の移ろいが一番の贅沢ではないかと思ってます。

 

また、螺旋階段や玄関からの目隠しの機能を持つセントラルヒーティングが醸し出す陰影も楽しみの一つです。

 

ちょっとした工夫で空間をより気持ちのよいものに出来るんです。特にノーテンはお勧めです。

 

窓周りがすっきりするし、開け閉めの手間も省けるし、カーテンの洗濯やコストも抑えられます。

 

ちなみに前にブログでも書きましたが、一戸建てでかかるカーテンのコストって30万〜40万くらいなんですって。安くはないですよね。

 

木製造作キッチン

f:id:burning0069:20161224092937j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

ブナ材の柔らかい質感が気に入ってます。また、職人の手仕事が光るきっちりとしたミリ単位の各収納の扉の収めは驚きを超えて、もはや戦慄ですw

 

写真じゃ伝わりにくいかもしれませんが「ここまでやるのか!」というくらい美しいです。

 

f:id:burning0069:20161224093800j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

もちろん創意工夫して既製品のキッチンを入れて、空間に調和させるって手段もアリだけど、僕は造作をして良かったと思ってます。

 

建物を小さくしたりして、全体で予算の調整をしたからそれほど大きな負担にはならなかったし。

 

f:id:burning0069:20161224093740j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

このキッチンが絶対ってわけでもないし、すべての人にとってこれが正解かって言われたらそうではないとも思ってます。

 

ただ、造作キッチン…楽しいですよw

 

f:id:burning0069:20161224093728j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

僕は休みの日に煮込み料理を作ったり、キッチン飲みとかを頻繁にするので(笑)キッチンに趣味の機能を持たせるということで、多少お金を掛けることに抵抗はありませんでした。

 

キッチンにお金をかけるということを僕は「ライフスタイルにあわせてどこに重きを置くか?(お金をかけるか?)」という概念でアプローチした結果でもありました。

 

f:id:burning0069:20161224100547j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

普段仕事に行くまでに家でどのように過ごすか?休みの日に家で過ごす時はどのように過ごすか?どんなことを叶えたいのか?

 

f:id:burning0069:20161224101318j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

そんなことを考えて、一つ一つ住まいの要素を組み立てていくのって楽しいですよ。大変だけどw

 

2階のプライベートスペース

f:id:burning0069:20161224101457j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

この螺旋階段には、パブリックスペースとプライベートスペースのメリハリをつけるという造り手の想いが込められているんです。

 

なんとなく特別な感じがする螺旋階段で気分を変えて欲しいという、意図というか願いみたいなものがあります。そんな気持ちが僕はうれしいですね。

 

この階段だけではなく、一つ一つのディティールに造り手の意図(意味)を感じながら生活をするのって、色々発見があるし飽きなくて良いですよw

 

f:id:burning0069:20161224102544j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

おおっ!めっちゃ広く見えるww

 

f:id:burning0069:20161224102728j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

実際はこんなに広くはないですが、絶妙な窓の配置により抜け感と開放感を感じることが出来ます。

 

このスペースは以前もご紹介しましたが、僕の家の「余白」の部分です。

 

仕切って部屋にするも良し、広々と趣味のスペースにしても良し、余白を残すことによりライフスタイルの変化に対応できるようになっています。

 

打ち合わせ当初から、住まいには自由に使える30%の余白を残して欲しいと話していました。

 

その結果このようなスペースを設けることになったのです。

 

きっちりとプランを作り込むこともアリですが、フレキシブルに対応できる余白を残すのも一つの可能性としてアリなんじゃないかしら。

 

f:id:burning0069:20161224103632j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

寝室から先ほどのフリースペースを望むとこんな感じです。

 

フリースペースは真南にコーナー窓を設置しているので、僕の家で一番明るいスペースなのです。めっちゃ明るいでしょ。

 

南からの直射日光がしんどいんで、我が家ではあくまでサブスペースです。

 

f:id:burning0069:20161224104154j:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

寝室横にあるウォークインクローゼットです。当初は僕のゲーム部屋にするという案もあったんですが、やめておいて正解でしたw

 

思いつきで言ってはみたものの、結局住んでみるとダイニングやキッチンで過ごすことがほとんどでだったのでw

 

このクローゼット、そんなに広くはないけど十分ですね。ってか、歳をとっていくにつれて洋服の数は減ってきてますね。

 

まぁ、意図的に減らしていっているってのもあるんですけど。最近では基本的に良いものを少なく持つっていう発想になってきましたね。

 

おっと、気がついたらまたダラダラと長くになってしまいました…すみませぬ!

 

 ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!次回またお会いしましょう!

 

メリークリスマス!

 

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村