読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【体験談】ファーストプランでしっくり来ないときは、さっさと他行け。の話

スポンサーリンク

 

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

  

今回は間取り決めについて書きたいと思います。

 

 

 

 

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

  

 

 

 

 

はじめに

f:id:burning0069:20161013095008p:plain

 

最初はスゲェ楽しいのに進めていくうちに、あれこれ欲張って放り込むようになり、精神的にも肉体的にも疲弊していく悪魔の所業…間取り決め…!

 

 

これでいいのか…?これはいらないのか…?考えれば考えるほどドツボにハマっていくあの感じ…

 

 

まさに奈落っ…!圧倒的奈落っ…

 

 

藁にもすがる思いでヤフー知恵袋で間取り診断をしてもらっても、ディスられて終わったあの日…

 

 

迷走していたころのことを思い出すと吐き気がしますw僕が間取り決めで迷走した理由を僕なりに分析したので書きたいと思います。

 

 

営業さん、設計さんと相性が悪かった

f:id:burning0069:20160729163015p:plain

 

これ、よく住まい造りのノウハウで出てくるワードですよね。僕自身もわかってたつもりだったんですが、今考えれば見事にハマっちゃいましたね。

 

 

間取り決めの打ち合せって結局は伝言ゲームみたいなもんだと思うんですよ。どれだけ営業さんや設計さんに、自分の思い描く理想の暮らしを伝えることが出来るかにかかってると思うんです。

 

 

この伝言ゲームが上手くいかないと、いくら互いのポテンシャル(可能性)が高くても良い住まいは造れないの。と言いたい。

 

 

だって、これは僕のイメージなんですが住まい造りって掛け算だと思うんです。

 

 

住まい手の想い%(どう暮らしたいか)×造り手のポテンシャル%(表現力)=住まい造り

 

 

住まい手の想いがいくら大きくても、それが100%のうち50%しか伝わんなかったら、いくら造り手の表現力が100%だとしても、50%の住まいしか出来ないし、それが逆だとしても同様に50%の住まいになってしまうんです。

 

 

 

f:id:burning0069:20161013103634p:plain

札幌のデザイン注文住宅、リノベーション|lia Style(リアスタイル)

 

 

で、この伝えるという行為を過不足なく完遂するには、人間関係だけじゃなく、価値観も理解してもらわなきゃなんないし、相手の住宅メーカーの価値観も理解しなきゃ上手くいかないと考えます。

 

 

でも、僕はその点で失敗を犯したんです。

 

 

営業さんや、設計さんの価値観やその住宅メーカーの価値観など鼻っから理解する気がなかったし、こっちは客なんだから僕の言うことをお前らは淡々とやりゃいいんだよ!ってスタンスでしたから。

 

 

そして、更に悪いことに、当時打ち合せを進めていた営業さんはめちゃくちゃ売る人で、いちいち1人の客に時間をかけてられない人でしたから、まともに想いが伝わるわけないし。

 

 

そんな関係性で、出て来たプランはもちろん到底納得のいくものではないのは、火を見るより明らかですね。

 

 

これは僕のケースですが、これ以外にも様々な要因で想いが伝わらないということは、往々にしてあることだと思います。

 

 

結局決まるときはファーストプラン

f:id:burning0069:20161013105524j:plain

 

前項でお話したような人間関係及び、価値観の共有がなされていない状態で僕は何十プランも造りました。

 

 

最初の段階で間違ってるのに、それに気付かずに造り続けたんですよ。プランを。掘って掘って掘りまくったんです。ありもしないお宝を目指して…

 

 

もうね、徳川埋蔵金みたいなもんですよ。いくら糸井重里ばりの真剣な表情を浮かべてやり続けても、ないもんはないんです。

 

 

今考えれば、そこのビルダーとの打ち合せなんかさっさと辞めて、他に行けば良かったのに、意地張ってやってましたね。いつかわかってもらえると思って。

 

 

で、そのあげく思春期の厨房ばりの癇癪を起こし、営業さんとの大げんかを経て盛大に決裂。もうアホかと。

 

 

その後、紆余曲折あり、僕が今住んでいるlia Styleと出会い、ファーストプラン一発で決まったわけですが(いままでなんだったんだ?)その理由を少し分析したので列記したいと思います。

 

 

  1. 互いの価値観を共有出来た。
  2. 伝言ゲームにならないような打ち合せの環境が整っていて、100%の想いを伝えることが出来た。
  3. 人、物(家具など)、箱(家)がトータル的に考えられていて、表現力が高かった。
  4. 他の効率重視の住宅メーカーとは違い、ファーストプランにすべてを掛けて作成してくれた。まさに一筆入魂。

 

 

などが挙げられる。中でも大きいのが打ち合せの環境が整っていることと、年間に5棟しかやらないので、一棟にかける労力が非常に濃厚ということでしょう。

 

 

lia Styleは特殊な例ですが、これらのことが良いプランを造る要因となっている。ということが、あちこちの住宅メーカーで50プランも造って迷走した僕の答えです。

 

 

皆さん、型にハマった聞き取りをして、片手間でファーストプランを造って、反論させないように客の言いなりになってプランを直し、プランに違和感があるのに、ゴリ押しでクロージングしてくる業者は沢山います。

 

 

そんな時はさっさと他に行きましょう…

 

 

逃げるは恥だが役に立つ

 

 

です(使い方違)

 

 

本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!次回またお会いしましょう!

 

 

 

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

 

 

 

次回予告

 

反響の多かった記事からテーマを選んで、なんか書こうと思いますw

 

お勧め記事

 

 

既存の住宅メーカーで住まい造りがうまくいってない人へ朗報です。 - 僕の失敗。

 

【朗報】無印良品のベッドが凄い件。 - 僕の失敗。

 

FP知識について。 - 僕の失敗。

 

 

 

 

 

一日ワンクリックお願いします!

  

いつも読んで頂きまして本当にありがとうございます!更新の励みになります!引き続きポチッと応援を宜しくお願いいたしまするるる!!

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村