読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

第60話 再燃。

どうも僕です。 偶然見つけた、住まい作りのきっかけになった資料に少しだけ心を動かされた僕。 しかし、当時の僕は『中年の住まい作り疲れ』の症状が… 多少、億劫ではあったが資料を手にした時に感じた、最初に住まい作りを始めようと思った時の感覚が少し…

【アナザーストーリー】もう一通の資料。

どうも僕です。 前回、偶然に住まい作りを始めるきっかけとなった資料を見つけた僕。 実はその時もう一通、ある資料を見つけたんです… その資料を手に入れた経緯を書きたいと思います。 時間を少し戻します… その資料は以前、大手住宅メーカーに勤めるTくん…

第59話 初心。忘れてた。

どうも僕です。 妻の突然の老舗ビルダーとの契約を「やめる!」発言に、戸惑いと安堵を同時に感じ少し複雑な僕。 (ちなにに老舗ビルダーにはローンを取り下げられないように保留という体裁をとった。まぁ、事実上のお断りなんですけどね) でも、妻が僕が幸…

第58話 妻の僕への思い。

どうも僕です。 老舗ビルダーに謝罪を受け入れてもらって、無事に和解に至ることができて、ひとまず安心する僕。 しかし、これで本当に建てるだけである… 当時この時、『もうさ、建てれればなんでもいいわ…』 とヤケクソのような気持ちがほとんどであった… …

第57話 謝罪と和解。その2

どうも僕です。 前回の続きです… 妻との関係を修正するどころか、逆に悪くしてしまった僕。 妻は老舗ビルダーで家を建てたいという意思は変わらない… 悔しいが老舗ビルダーの営業さんに謝罪しなくてはならないと思い、早速アポを取った。 この時、僕は悟った…

第56話 謝罪と和解。

どうも僕です。 前回、営業さんと盛大にやりあって、最悪の結果を招いてしまった僕…。 いや〜、あれから妻はまともに口を聞いてくれないし、義父には呆れられるし、もう大変ですよ〜 ハハッww ハハ… ハァ… …。 ど…どうしよう… こうしていても埒があかない… …

第55話 未熟者の末路。

どうも僕です。 前回の続きです… 様々な思いが押さえきれなくなって、体の外に溢れ出てしまった僕… 売り言葉に買い言葉でそれに呼応するようにブチ切れる営業さん… 突然のことに状況を把握できない妻と義父… 完全に気配を消す設計さんと義母… 最悪の状況であ…

第54話 激昂。

どうも僕です。 ついに契約日が決まったのに、いまいち覚悟が出来てない僕… わかっているんだ。 わかっているけど、どうしようもないんだ… 妻は不満はあれど腹を決めているようだ。 当時のこの段階にさしかかった時のことを思い出すと、僕も妻も消耗しきって…

第53話 終わりの始まり。

どうも僕です。 前回の続きです… リクシルショールームでの打ち合せ中に新たな費用が発生するという事件が起き、キレる妻におののく僕…。 完全に気配を消す設計さん…。 狼狽える営業さん…。 断固として払うことを拒否している妻…。 鉄の女とはまさにこの事… …

第52話 妻、キレる。

どうも僕です。 フラット35の承認がおりて歓喜する僕!! 歓喜!! ここまで… ここまで、本当に長い道のりだった…(僕が勝手にのたまわっただけ) 何回もローンの審査にはじかれ…(実はこの後、試しに出した銀行ローンにもう一回落とされる) 自分の存在を…

第51話 値引き交渉の作戦会議。

どうも僕です。 妻のカミングアウトにより、老舗ビルダーの営業さんと微妙な雰囲気になる僕… この営業さんは気に入らないが、今はローンを通す為にこの男の力が必要だ。 とにかく今は僕に出来る事はない… あ、そう言えばブログのアイコンを変更しました! こ…