読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

第50話 僕のヤバい妻の隠し事。その2

どうも僕です。 前回の続きです… 苦手な老舗ビルダーの営業さんと少しだけ打ち解けた僕… しかし、妻のカミングアウトにより、また微妙な空気感に… それでは本編をどうぞ… 営業さん「…えーと、こちらの会社にお勤めなんですか?」 保険証には誰でも知っている…

第49話 僕のヤバい妻。の隠し事。

どうも僕です。 前回の打ち合せの後半戦です… 数々の非礼に堪忍袋の緒が切れて、完全に匙を投げた設計さんにおののく僕… まぁ、あれだけわがまま放題言われて、やり直しをさせられれば当然ですよね… そして、今思えばありえないくらい、いびつなプランだった…

第48話 僕くん、設計さんにも見捨てられる。

どうも僕です。 話し合いの結果、結局値引きされた分を実用性ゼロの過度な装飾に、再投資することにした僕。 当時の僕は一体何を考えていたんだ… 本当は欲しくない家なのに… 今考えてみても、はっきりしたことは分からないが、おそらくはただの自己顕示欲だ…

第47話 【悲報】一度緩んだ財布の紐は二度と締まらない。

どうも僕です。 気まずくなりながらも、なんとか値引き交渉を成功させ着実に夢のマイホームに近づく僕… 妻は老舗ビルダーで契約する意思を固めているというのに、打ち合わせを重ねるたびに営業さんと対決姿勢になる… もし、このまま老舗ビルダーで契約をする…

第46話 僕と老舗ビルダーとの攻防戦。その2

どうも僕です。 前回の続きです… 老舗ビルダーの営業さんにささやかな仕返しをして調子に乗る僕。 値引き交渉も、ちょっと相見積もり出しただけで100万もさげてきやがった… これはもしかして、もう少し突っつけばもっと下がるかも…? 打ち合わせは後半戦…

第45話 僕と老舗ビルダーとの攻防戦。

どうも僕です。 老舗ビルダーがあっさり値引きに応じて嬉しいやら、ムカつくやら複雑な僕…。 値引きが出来るなら最初からすればいいのに、何故駆け引きじみたことするんだ… 向こうも商売だから、1円でも高く売りたいって気持ちはわかるけど… 値引きありきの…

第44話 相見積もり上等。おっさんの強気。

どうも僕です。 老舗ビルダーとの関係性も悪くなるし、ローンも案の定、否決され生きるのが辛くなってきている僕… あの設計さんの浅過ぎる提案や営業さんの塩対応にはうんざりやで… まぁ、元を正せば僕が悪いんですけどね… んで、今日は第二の矢として用意し…

第43話 ゾウサクマシマシ、ミツモリマシマシ。その2

どうも僕です。 前回の続きです… 2500万の予算に対して2800万の見積もりを出されて困惑する僕… まぁ、自業自得なんですけどね… 打ち合わせは続く… この時、この老舗ビルダーには契約したいとの意思表示をしていて、基本的に契約が前提の打ち合わせと…

第42話 ゾウサクマシマシ、ミツモリマシマシ。

どうも僕です。 第二の矢として用意した工務店との打ち合わせを終え、少し状況が変わってきた事に安堵する僕。 その工務店との打ち合わせの数日後、老舗ビルダーとの打ち合わせがあり向かう僕たち夫婦… にしても、あの老舗ビルダーの営業さん全く持って気に…

第41話 僕とおっさんとの楽しい時間。その3

どうも僕です。 前回の続きです… おっさんが連れて来たローン担当者に困惑する僕。 ※画像はイメージです。 小脇にiPadをかかえ、妙にぎらついた目つきのこの男… なんか胡散臭い… 妻は完全にひいている… さてさて…どうしたもんか… 聞けばこの与沢くん(仮名)…