読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

僕の失敗。マイホーム編。第21話〜第30話

【新装版】第30話 僕くん、悟る?妥協と言う名の諦め。

どうも僕です。 老舗ビルダーとの打ち合せを終え、色々と消化不良気味の僕。

【新装版】第29話 僕と老舗ビルダー。打ち合せの章。その2

どうも僕です。 打ち合せにて”またもや”器の小ささを盛大に発揮し、総スカンを食らう僕。

【新装版】第28話 僕と老舗ビルダー。打ち合せの章。

どうも僕です。 第二の矢として話を進めることになった工務店との打ち合せの一週間後、一応本命の老舗ビルダーとの打ち合わせがあった。

【新装版】第27話 僕くん、二兎を追う。その3

どうも僕です。 第2の矢として用意した工務店に具体的に話を進めたいと伝え、次回の打ち合せの約束をした僕達夫婦。 『これだ!これが良い!』というような”センセーショナルさ”はないが、堅実なデザイン、堅実なモノ作りというものは非常に強く感じる。

【新装版】第26話 僕くん、二兎を追う。その2

どうも僕です。 理想の工務店に出会うも、正体不明の不安にかられる豆腐メンタルの僕。

【新装版】第25話 僕くん、二兎を追う。

どうも、僕です。 理想の工務店と完璧な出会いを果たし、どうにかこうにか前進が出来る体制は整った。 しかしながら、僕の中で何となくしっくりこないことがあるのも事実。

【新装版】第24話 僕と老舗ビルダー。出会いの章。その2

どうも。僕です。 『自分たちで考えた図面を持ち込みで家を建てたい!』という、工務店をナメきった要望を快く承諾してくれた老舗工務店。 当時、その工務店は年間に60棟ほどこなす勢いがあった。 更に戸建てだけでなく、大型施設の建設や超大手ハウスメー…

【新装版】第23話 僕と老舗ビルダー。出会いの章。その1

どうも僕です。 提案差された間取りがどうしても気に入らなくて、とうとう自分でプランした住まいを作ろうということになった僕達夫婦…

【新装版】第22話 僕達に明日は無い?捻り出した新たな方針。その2

どうも僕です。 他人が作ったプランがどうしても受け入れられなくて、とうとう自分でプランを作るという愚策中の愚策を基本方針として掲げてしまった僕…(アホか)

【新装版】第21話 僕達に明日は無い?捻り出した新たな方針。

どうも僕です。 前回商談していた工務店とも、器の小ささを盛大に発揮し無事に話がご破算になりヘコみ気味の僕…(遠い目)