読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

僕の失敗。マイホーム編。第61話〜第70話

第70話 カタルシス。その5

どうも僕です。 前回の続きです… 土地の写真を見せると、まるで子供のようにはしゃぐオジサン二人に困惑する僕…。 正直ツボが分からない… ただ、わかるのはもう少し見極める必要があるということ… いや〜、可能性は感じるんですよ? でも、なかなかもう一歩…

第69話 カタルシス。その4

どうも僕です。 前回の続きです… プロデューサーの突然の涙に胸を熱くする僕… ※もちろん画像はイメージです。 こいつおもしれぇ…!! しかし、今考えれば、この状況は明らかに異様であった… だって、家を売るためにねモデルハウス見学をやってるのはずなのに…

第68話 カタルシス。その3

どうも僕です。 前回の続きです… 単身モデルハウスに乗り込み、プロデューサーの圧力と突然の『変態』発言に戦慄を覚える僕… おいおい…もう少し別の例えはなかったのかよ… しかし、変態という例えがしっくり来るのはなぜだ? そうか… このプロデューサーから…

第67話 カタルシス。その2

どうも僕です。 新しい切口で住まいを作る住宅ブランドに単身乗り込みゾクゾクする僕… なにがどうなっているのか理解は出来ないが、この家は何かが… 何かが違う事はわかる。 でもどうしよう… 何故かわからないけど… 正直なんかヤバいようなものを見たときの…

第66話 カタルシス。

どうも僕です。 たまたま妻が見つけた斬新な切口で住まいを作る住宅ブランドに懐疑的な僕… 確かにそのブランドが提唱する思想っていうか、理念みたいなものを実現できるのであれば、僕が求めているものを具現化出来る可能性がある… 既存の住宅メーカーの考え…

第65話 邂逅。その2

どうも僕です。 前回の続きです… 仕事の帰りに妻からの緊急連絡を受け、ざわつく心を抑えながら帰宅する僕… 突然の… 「見つけたかも!!」 宣言…。 この期に及んで一体何をだよ… とにかく早く帰ってこいと言う妻… …。 チッ…面倒くさいなぁ… その日は近所のTS…

第64話 邂逅。

どうも僕です。 もはや自分では解決出来ないほどの心の葛藤でモヤモヤする僕… 普通の家で普通の生活をしていく… 確かに安心ではある…極端に振れずに、間(あいだ)をとって住まい造りをすれば、迷走も失敗もしないのである。 実際、そういう価値観に魅力を感…

第63話 既成概念との葛藤。

どうも僕です。 新たなビルダーとの1度目の打ち合せを終え、ファーストプランプランの出来上がりを待つ僕。 次回の打ち合せは約2週間後だ… …。 …。 …。 全くドキドキしない。 ファーストプランがこれほどまでに、楽しみじゃないのは初めてかもしれないな… …

第62話 営業が存在しない会社。

どうも僕です。 前回モデルハウスを訪れ、かなり受け身ではあったが打ち合せをしてみようと思い、お願いした僕… こんなノープランで打ち合せに行くのは初めてだ…大丈夫かな… 多少不安ではあったが、Fくんが快適そうに暮らしているのを実際見ているので、そこ…

第61話 妥協。

どうも僕です。 前回、友人Fくんの新築した家を見せてもらい『もしかして、普通が一番?』とヒントを貰った僕… 妻にその事を話したところ、大筋で同意している。 しかし、普通とは言えど、あちらこちらに小技が効かせてあるこのビルダー… なかなか良いんじゃ…