読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の失敗。マイホーム編。

普通の家造りで満足出来なかった僕。失敗から学び、自分にとって最高の住まいを手に入れた僕とそれを造った変態達の話。僕の失敗。ライフスタイル編も合わせて読んで頂けたら幸いです。

It's better to
burn out than
fade away


これから住まい造りをする人に捧ぐ…

【VE バリューエンジニアリング】住宅のちゃんとした減額案を出せる業者ってどれくらいいるのかしら?

スポンサーリンク

どうも僕です。

 

いつも読んで頂きましてありがとうございます!

 

今回は住まい造りにおいて避けては通れない「減額案」について、ちょっと書いてみたいと思います。

 

初めての方は過去のブログからお楽しみ下さい。住まい作りでの体験談を物語り形式で綴っております⇩⇩⇩ 

www.bokunosippai.com

VE(バリューエンジニアリング)という技術

f:id:burning0069:20161113113615j:plain

「VE」ってあまり聞きなじみのない言葉ですよね。あー、僕も何となく聞いた事あるなぁ。程度の認識でした。

 

で、この「VE」、建築用語でバリューエンジニアリングっていうですけど、これって何かっていうと、建築コストを下げることを目的に、求められる機能を下げずに代替案を出すという意味らしいんです。

 

なんだコストダウンじゃん?

 

って思われる方もいるかもしれないけど、これ全然違って先ほど書いた通り、VEの肝は機能(価値)を下げずに別の案を出すっていうところ。

 

創意工夫がものすごく求められる概念っていうか技術で、あらゆる知識や経験が必要とされます。

 

ただ削るんじゃ意味が無いんじゃない?

f:id:burning0069:20161113113723j:plain

で、これってすごく住まい造りを行う上で大切なことなんじゃないかなって思うんです。でも、正しくVEしてる業者ってあんまりいないんじゃないかな。

 

僕はハウスメーカーから工務店まで、あっちこっち商談してまわって(アホか)プランや見積もりを出しまくったけど、減額案と言えば「ただひたすら削る」作業ばかりでした。

 

設計さんや営業さんにVEの知識が無かったのか、会社の方針(利益のため)で出来なかったのかはわかりませんが、ちゃんとした代替案が出てきたためしがなかったですね。

 

結局、最終的にはひたすら削った、安かろう悪かろうな味噌っカス的な家のプランの出来上がりです。うーむ。悲しいですね。

 

まぁ確かにハウスメーカーや工務店は、決められた期間内に決められた利益を出さないといけないので、なるべく面倒臭くならないように自社が推奨する規格に当てはめなきゃならない。そのほうが粗利が取れるし。

 

その為には創意工夫して、苦労して、代替案を考えてる暇はないっていうのもわかりますよ?一人の客にそんなに時間かけてたら会社が儲かんないし、自分の給料も増やす事ができないんだから。

 

でも、住まい手にしてみたら創意工夫すればコストを下げながらも、目的(価値)を失わない方法論があるのに、業者の都合を押し付けられるのってどうなのかしら?一生に一回の住まい造りなのに。

 

そんなことで、良い家って造れるのかしら?

 

目的をちゃんと伝えられない(考えてない)住まい手が悪い?それとも、VEの正しい提案が出来ない(会社的に許されない)造り手が悪い?

 

その辺はケーズバイケースになるでしょうが「ただ削る」という価値の無い、ただのコストダウンが当たり前のように横行していること自体がダメなんでしょうね。きっと。(あくまで個人の感想です)

 

信頼関係がなければVEは出来ないんじゃないかしら?

 

f:id:burning0069:20161113113834j:plain

僕は以前ブログで「予算なんてなんとかなる!」とか「コストを下げたいなら、家を小さくすればいい!」ってなんにもわかってないのび太くんのくせに調子こいて言いましたけど、これも正しいVEがあってこその考えなんです。

 

目的(価値)を失わずにコストを下げる事が出来れば、やりたい事をやって予算内に収めることが出来るわけだし、コストを下げる為に家を小さくしたって、機能を下げないように小ささを感じない空間を造れば、それは成立するわけだし。

 

でもこれって、やっぱり互いの信頼関係がなきゃ出来ない事なんです。毎度毎度、信頼関係の話になって申し訳ありません…

 

というのも、VEも住まい手だけじゃ出来ないし、造り手だけでも出来ないからです。

 

前項でも書きましたが、住まい手が目的とすることをしっかりと伝えないと(考えないと)造り手もどこへ向かってよいかわからないし、造り手も「このお客さんの一生の住まいをなんとかしてやりたい!」って想いや知識、技術がないとVEを提案出来ないじゃないですか。

 

住まい手と造り手の間に信頼関係ではなく、どうにかして安く買い叩いてやろうっていうっていう、腹の探り合いや預金通帳の中身を邪推するようなものがあったら、成立しないんじゃないかしら。

 

少なくとも、僕が商談し契約に至らなかったハウスメーカーや工務店では、その類いの不純物が間にあるケースが多かったかな(あくまで個人の感想です)

 

いや、あれですよ?僕自身からも不純物はたくさん出てたんで、ハウスメーカーや工務店だけが悪いわけではありませんよ。もちろん。

 

信頼関係を築くことが出来る仲間を造るのは難しいことかもしれないけど、信頼関係に基づき、不純物のない純粋なコミュニケーションが取る事が良い住まいを手に入れる為の本質なんじゃないかなーって思います。

 

そんなVE案がたくさん詰まった家が期間限定で公開されます。良かったらどうぞ。

f:id:burning0069:20161110213550j:plain

 

 

ということで、本日も読んで頂きまして本当にありがとうございます!それではまた次回お会いしましょう!

日本ブログ村ランキングに参加してます!閉じる前にランキングボタンを押してー!!!お願いします!!

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村